世の中のいろんなメディアを伝います


by fdsalkj

いつか来る認知症に備えて



ブログで口コミプロモーションならレビューブログ



時代が変わり今日本の家庭で問題になっている認知症が大きな社会問題になっていますが。認知症に関して今はいろんなホームページが出来ています。
そうした中でいろんな認知症のホームページを見ていて参考になることが多くとても参考になりましたね。

例えば認知症にはどんなものが有るとかアルツハイマー病、脳血管性認知症とかレビー小体型認知症等かなり多くの認知症が有ると言うことが分かりとても参考になりました。

今では家族の中には高齢者もおり高齢者認知症と言う点でも心配しております、幸い何事もなく元気にしていますが、いずれ自分も年を取り認知症というもんだも考えておかなくてはと思っていました、いろいろ調べてみると昔は痴呆症と言っていたそうですが痴呆症と言うといろんな方に相談するにも恥ずかしいと言う認識の方が多くあり早期発見が遅れると言う問題があり厚生省の方で平成16年12月24日痴呆症にかかわる用語に関する検討会で呼び名が変えられ行政語が認知症となったようですね。

それからいろんな医師会でも呼び名も痴呆症認知症と統一されてきたようですね。

もう一つこの認知症はいろんなサイトを見ていると認知症と単なる物忘れと言う点が区別できると言う点でとても参考になりました。
認知症の基本的な病状は脳の器質的変化による記憶の障害であると言う点ではないかと。
例えば朝食事をしてどんな物を食べたか忘れたなどというものは部分的な記憶がないだけなので単なる物忘れとして一例ですが憶えて置いた方がいろいろと参考になることが多く載っています、ですからもし朝、食べた食事を完全の忘れていたときなどはやはり注意しておいた方が良いのでは。

それと認知症 原因です、これは何時の時代でもそうですが認知症は高齢者だけかかる病気ではないと言うことですね。アルツハイマー病は脳の神経細胞が急激に減少つまり脳が病的に萎縮するとか脳血管性認知症は脳の血管が詰まったり血管が破れたりいろんな原因が認知症 原因に有りますが、やはり認知症は早期発見が大事高齢者の限らず普段の行動がおかしいと持ったら近くの石に見てもらうと言うことが大事ではないのでは
そのほかいろんな認知症のサイトを見ているとそのときどこに相談すればいいかいろんな公共機関や相談窓口が載っていてとても参考になりました。

認知症と分かりかなり病状が進んでいても第1号被保険者や第2号被保険者の方などは介護保険の対象者となって保険のサービスを受けることも出来るようです認知症のサイトでは地域穂活センターなども載っておりいろんな相談窓口なども載っておりサイトを見ていてとても参考になりました。

特に高齢化者社会になってこれらのサイトを見ている単なる物忘れか認知症の早期発見に役に立ちます。
[PR]
by fdsalkj | 2012-07-25 16:02 | 日記